意外と知らない、透明感の言葉の意味を調査してみました◎

シェアする

images

「透明感」というワードを耳にすることがあると思います。

色白=透明感なんてイメージもありますよね?

はっきりと「透明感」の定義を言える人は意外と少ないのではないでしょうか?

「透明感とは」について調査してみましたが・・・

「透き通っている感じ」「空気感が周りと違うフワッとした感じ」「毒素が抜けた感じ」「強いクセやアクを感じない天使や妖精の感じ」といったような意見が浮上しました。
「透明感」に対するハッキリとした定義は見当たらず、「透明感」とはあくまで「イメージ」と言う事が判明しました。

「透明感のある肌」とか、「透明感のある女性」などと耳にします。
透明感とは、その「イメージ」に当てはまる「肌」や「女性」などを表現する言葉でした◎

「透明感」について、今まで気にしてきませんでしたが、「透明感のある肌」も「透明感のある女性」もとっても魅力的だと再確認することが出来ましたね◎

images

「透明感」について理解が深まったことで、今までなんとなく理解したつもりの「透明感」の定義が間違っていた事にも気付きました◎

例えば、すごく色白の肌であっても「透明感のある肌」であることとは定義が違う!とか・・・魅力的なオーラを放つ絶世の美女であっても「透明感のある女性」とは定義が違う!・・・です。

色黒であっても「透明感のある肌」の女性もいますし、美女でなくても「透明感のある女性」はいるという事にも気付きました◎

images

まとめ

あなたの周りに「透明感のある肌」の方や、「透明感のある女性」はいますでしょうか?

汚れのないような・・・毒素の抜けきって溜めたりない。澄んだイメージ!濁りのないイメージ!「透明感」とはそんな感じでしょうか◎

「透明感」を理解する事で「透明感のある素肌を持った女性」に憧れが生まれてくるような気がします◎