たるみ・シワ・乾燥

シェアする

老け顔の特徴はずばり、たるみ、しわ、乾燥からきています。

逆に言えば、たるまない、しわのない、うるおったお肌を維持することが

いつまでも若々しくいる秘訣です。

shutterstock_239297935

出典:http://wooris.jp/archives/122496

当然ですが、若い頃にはまったく気にならないシワ。いつのまにか「あれ、ほうれい線が」とか、「目尻のしわが戻らない」など鏡とにらめっこするのですが、気づいた時にはすでにシワの溝が深く刻まれているのかもしれません。しわは形状記憶のように一度できてしまうと元には戻りにくいもの。まだまだ潤いのある時期からのお手入れこそが、将来老け顔で悩まない秘訣になります。

この3大要因の中でも特に若いうちから気をつけるべきところが「乾燥」。乾燥するからシワになり、シミにもなり。乾燥を放置しないこと。乾燥に気づいたらとにかく保湿。保湿。年齢とともに乾燥の度合いもかわってくるため、ずっと同じ保湿力のスキンケア化粧品を使い続けるよりも、今の自分の肌にしっかりとあったものかを見落とさないことも大切です。

またたるみですが、年齢を重ねてから痩せることでたるむことも多いです。逆に太りすぎることでもたるみます。

表情筋を鍛えるというのもたるみには有効。鏡をみて、いろいろな顔をしてみてください。顔が疲れてきますよ。これを毎日繰り返すことで表情筋は鍛えられイキイキとした表情も生まれてきます。

悩むより、毎日のケア。一日怠ると取り返すには数日を要します。ぜひ今日からたるみ、シワ、乾燥対策を。