赤い食べ物が美容に良いのはどうしてなのでしょう?

シェアする

images

空からたくさんの紫外線が降り注ぐ季節です。

紫外線を浴びすぎると、シミやしわ、くすみ、たるみなど・・・肌に老化現象が見られてしまいます。

このように肌が「酸化」するのを防ぐためにも、「抗酸化作用」の強い食べ物を積極的に食べるということ大切です◎

赤い食べ物は女性を美しくします◎

それはいったい、なぜなのでしょうか?

images

秘密はその「赤色」!

赤い食べ物というと、トマトにスイカ、ブドウにざくろ、などが思い浮かびますね◎

秘密は、トマトにスイカ、ブドウにざくろ・・・その「赤色」に隠されていました◎

私たち人間は、「酸化」から身を守るために「抗酸化作用」の強い食べ物を食べるなど、外部から摂取することが出来ます◎

しかし植物は、動くことができず、自信で「酸化」から身を守るしか方法はないので、自らが「抗酸化成分」を生み出して身を守る能力を兼ね備えました。

そんな代表的な「抗酸化成分」の色が「赤色」なのです◎

images

「抗酸化作用」の強い食べ物◎

トマト、スイカ、ブドウ、ざくろなどの「赤色」の食べ物は「抗酸化成分」がたっぷり含まれています。

他にも・・・赤ワイン、唐辛子、赤ピーマンなど、「赤い食べ物」全般、「抗酸化成分たっぷり」と覚えておくと良いでしょう◎

実は・・・紫外線から身を守りながら海の中を生きる、鮭、いくら、海老、かに、鯛などにも「抗酸化成分」はたっぷり含まれています。

ポイントとして、火を通したあとも「赤い」ことが「抗酸化成分」がたっぷり含まれているということです◎
(※マグロの赤身は「抗酸化成分」で「赤い」わけではありません。)

images

まとめ

大自然の色のパワーは、とても奥深いです。

大自然の中の「赤色」は太陽の紫外線のダメージに打ち勝つためのパワーが秘められていたのですね◎

アンチエイジングに効果の高い基礎化粧品も「赤」のパワーを借りているものが多くあるのにも納得ですね◎

これからは率先して「赤」の恩恵を受けましょう◎

あなたも「赤い」食べ物を積極的に取り入れて、「酸化」に負けない美肌を手に入れちゃいましょう◎